ひとつでも欠ければ不合格!投資用中古マンションの3つの判断基準

まずは市場分析をしましょう

せっかく買った投資用中古マンションの価値が、すぐ落ちていってしまうのは誰でも嫌ですよね。ですから、購入を検討する際は、そのエリアにどれだけの価値があるのか調べることがとても大切です。マンションには居住系とテナント系の2種類がありますが、居住系であればまずワンルームなのか、ファミリー向けなのかを検討するようにしましょう。さらにワンルームなら、それが学生向けなのか単身赴任者向けなのか、ファミリー向けなら間取りによって、想定すべき入居者が異なっていきます。テナント系の場合は、立地や業種の相性などが調べるべきポイントです。そのエリア自体に人気があるかどうか調べることも大切ですが、これは地価を調べることである程度分かります。いずれにせよ、しっかりを市場分析して、投資に見合うエリアなのか見極めることが肝要です。

しっかりと行いたい投資分析

投資用中古マンションを選ぶ際は、まず表面利回りに騙されなことが肝要です。多くの業者は、見かけ上の数字を大きく出来る表面利回りしか謳っていませんが、この数字通りの利益を得られることは実はほとんどありません。中古マンションは、空室になると全く家賃が入らなくなってしまいますよね。ですから、そのエリアの空室率を調べることはとても大切です。あまり人気のないエリアだと、表面利回りと実際の利回りには大きな違いが生じることでしょう。ランニングコストがどれくらい掛かるのかも、十分考える必要があります。たとえば修繕積立金は幾らくらい掛かるのか、共有スペースの維持費がどれくらいなのかを十分調べることで、投資に見合うかどうかある程度判断可能です。

物件絞り込み時に影響を与えるファイナンス

ファイナンスを決定づける要素は、銀行などからの借入金総額や金利及び返済期間などです。投資用中古マンションを選ぶ際は、このファイナンスを明確に把握することがとても大切なんですよ。たとえば、全て自己資金なのか、それとも全額を金融機関から借り入れるのかなどによって、選ぶべき物件は自ずと絞れるようになります。以上3点の分析を入念に行い、全てが揃った物件だけを選別し、その上で比較検討することで、成功確率の高い投資用中古物件を買うことが出来るはずです。

リノベーションマンションは、新築同様の外見なのに、お手頃な価格で購入できます。物件の数も豊富ですから、選び甲斐があります。