ペット禁止の賃貸物件でもペットがいる現実

大手経営だと苦情は放置

ペット禁止の賃貸物件でペットが飼われていることって、日常茶飯事ですよね。家主が個人の賃貸住宅ならすぐ解決なんですけど。家主がすぐ対応してくれますから。でも大手が経営する大規模賃貸物件だと、ペットを飼うのは当たり前って状態になりがちです。みんな飼ってるじゃないの、というわけです。飼い続けられるとわかっている飼い主は、隠すこともしないし、夜中鳴かせ続けても気にしません。回りが苦情を言うのは、相当勇気がいることです。

管理側は苦情を放置したい

ペットを飼っている人に直接苦情を言うのは難しいから、我慢できなくなったほとんどの人は管理者側に訴えます。でも、匿名だとなかなか動いてくれません。まあ仕方がないでしょうけど。本当かどうかわからないんですから。でもこれだけ公的機関や大企業からの情報流出が起きている中で、飼い主に直接苦情を言えない人が、名乗れますかね。高い管理費をそのために毎月支払っているのだから、匿名であっても、なんらかの対応はしてほしいものです。

ペット絶対禁止をうたう賃貸物件

こうした悩みを持つ人々は多いんでしょうね。ペット絶対禁止を大々的にうたっている賃貸住宅会社もあるようです。ほとんどの賃貸物件ではペット禁止なのに、あえてこうしたアピールをする賃貸住宅会社が出てくるってことは、やはり大手賃貸物件でのペット禁止が有名無実化されているからでしょう。アピール内容は、ペット飼育が発覚したら即対応するって、一見当たり前のことなんですけど、これを切望している人々が多いんでしょうね。

女性が安心して暮らすことのできる賃貸アパートの選び方は防犯重視が大切です。オートロックがついている、また、2階以上を選んだほうが安全です。