少しでも早く飲食店を開業したい時に便利!居抜き物件の大きなメリットとは

一通りの設備や用具が揃っている便利さ

飲食店の居抜き物件を契約し開業する最大のメリットは、その物件が既に持っている厨房や客室といった設備やインテリアをそのまま丸ごと自らの店舗に転用可能な点でしょう。これは自分オリジナルのデザインに拘らず、チャンスがあればいち早く飲食店を開業したい人にとって大変有利なもの。また飲食店のジャンルさえ合致すれば、そこに残された用具類も引き継いで利用出来る可能性が極めて高い等、開業に関するコストを出来るだけ抑えたい時にも本当に有利ですよね。

客足に関しては一応の実績があるロケーションに

一から店舗を作り上げ開業する際最も不安なのは客足でしょう。店舗前を通る人の数自体が少なければ入店してくれるお客様の数もそれに比例して少なくなってしまいますし、特に急ぎで事前のリサーチが足りない場合は不安が大きくなってしまいますよね。その点居抜きの飲食店物件は少なくともそれ以前にしばらくの間は店舗の経営が成り立っていたという証拠ですから、人通りに関してそれ程心配する必要も無いという事なのです。もちろん普段から人通りの多い街中のロケーションは賃料もそれなりに高いものとなるでしょうが、そのリスクを取ってでも開業する価値のある物件なのです。

より良い物件の為に早めの行動を

ただ、存在する全ての居抜き物件が自分にとってベストの間取りや設備であるとは限りません。また既に大まかなレイアウトが決定された物件をそのまま利用する訳ですから、特定の箇所が気に入らないからと言ってそう簡単に改造やリフォームが利かないという難点もあります。そこまでこだわるならむしろ、一から自分オリジナルの店舗を作り上げた方が納得出来るでしょう。あくまでいち早く開業し自分の腕を試したいという人向けの物件であり、そこから先は設備に少々不便が生じても、店舗経営が軌道に乗り、新たなオリジナル物件を手に出来るだけの経済力が着くまで我慢するのがベストなのです。

いい店舗物件は、全身が自分が起業したいジャンルと同じ仕様が効率的です。改装費用も抑えられますし、設備もそのまま使える可能性もあります。